Citrinのブログ

好きなこと書いてるブログ

グレートウォール!(映画)

色々考えることはありますが、グレートウォールは必見であります!

 

 

gwsub

 

万里の長城が出来た経緯は幾つかあるらしく、その中の一つの話らしい。

この映画は、絶対3Dですね!

「ああ3Dって、こういうふうに使うのか―――」と、3Dの良さを存分に観せてくれました。

万里の長城内部の構造など、とてもよく描けていて、沢山の人が働いている様子がとても面白かった。

gw_3_r

本映像は、「世界を危険な敵から守るための軍団が、その存在を隠してきたとしたら?歴史の陰に隠れてきた軍団が、人々を守っていたとしたら?」と、中国4000年の歴史においても他に類を見ない大スケールの遺産である「万里の長城」で、人類すべての運命を託された10万人の無影禁軍の伝説に、ロマンたっぷりに迫ります。
大迫力の軍勢は、強さと工学知識を兼ね備えた猛虎軍団“虎軍”、鷲のごとく鋭い矢を放つ射手隊 “鹰軍”、歩兵と騎兵の混合部隊で機動力自慢の“鹿軍”、接近戦を得意とする五軍中最強の“熊軍”、そして、鶴のように舞い華麗に敵を駆逐する“鶴軍”と、それぞれ強烈な個性を放つ色彩鮮やかな五軍で構成。

(ホームページより)

かっこいいです。

最初の方で、この兵士達の働きを旅人のトバール(マット・デーモン)が相棒のウイリアム(ペドロ・パスカル)と一緒に解説するシーンは秀逸。(笑)

万里の長城が出来た逸話は本当かどうか、分からないけれど、あるかもしれない。

ツイッターの感想を読んでいても、皆楽しそうに話していた。素直にとても面白かった。

なのに、何故かアメリカでは受けがよくなかったらしい。

舞台が中国だからかな?

万里の長城って、よくこんなもん作ったなー。と感心します。

emiyosiki.hatenablog.com

この人のブログによると、万里の長城はヒツジ除けに造ったのだそうだ。

なるほど、この映画に出てくる饕餮(トウテツ)は、これがヒントなのかな?

「ヒツジ」の画像検索結果 +f:id:Citrin:20170419090534p:plain +「恐竜」の画像検索結果

ヒツジ+サメ+恐竜

のような感じです。(笑)

観終わった後に、万里の長城について色々調べるのも楽しい。


何か思い出したらまた書き加えたいと思います。