読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Citrinのブログ

好きなこと書いてるブログ

紀子様

2016年4月3日の橿原神宮駅の電車に乗られている動画がありますね。

youtu.be

これ観ると、本当に何も特別扱いされてないですね。怖いぐらいです。

BBさんが話されてた通りです。

宮司さんに、BBの覚醒記録でれでれ草さんのブログを紹介しました。


バブル期に新興宗教がはやりましたね。今は政治の世界にも立候補してる宗教団体の教祖の生活をネットで読んだことがありましたが酷いもんでした。

自分はブッダの生まれ変わりで、奥さんもなんかの生まれ変わり、その奥さんの生態が、雅子さんそっくりなのです。何もしない。食っちゃ寝している。命令しまくる。自己中心。わめき散らす。

身の回りのお世話係の大学出たての若い信者さんは、やはり、頭がおかしくなって出てきてしまうのです。

トップで権力を持って、まわりから神と呼ばれ崇拝され、すっかり堕落してしまいました。

奥さんがいながら若い職員の女性と複数愛人関係になる。結局奥さんとは離婚。奥さんは洗脳が取れたかどうかは知りません。旦那の教祖は「奥さんには悪霊が憑いてしまった」みたいなことを言ってるらしい。今は若い職員の女性と再婚。その女性にもなにかの生まれ変わりとか言ってるらしい。酷い人がいたもんだ。

信者さんからは高いお布施を「菩薩になれる」と称して集金しまくる。

100万、1000万単位なのです。そりゃ、政治活動も出来るでしょう。

ここまで人間腐るともう、どうしようもありません。

頭は東大出てるくらい良いので、ネタ本を集めてきては本を書いています。信者集めのエサです。人を呼ぶには良いこと言わないと寄ってきませんからね。

思想で人を苦しめるような人は、もう人間には生まれ変われないでしょう。

魂を悪魔に売ってしまっています。永遠に地獄の最深部に住むことになります。

「永遠に」って、想像できませんが、たった何十年かの人生のあやまちが、永遠の苦しみを作ってしまうのです。

美智子さんと雅子さんも、相当深い所に行くしかないでしょう。

大変ですね。

他人のことを心配してる場合ではなくて、自分はどうかって?まだまだだし、やることいっぱいあるなぁ。

死んだらどうなるんでしょう。私の恩師のお話ですが、

死んだらライフスクリーンを見せられます。

最近は、自分の生前の記憶を一切忘れて、「ある人の一生」みたいな感じで映画を観ます。

観終わった後に、お店の人から「映画はどうでした?」と聞かれます。

「そうですねー。この人、良いこともしたけれど、ここら辺はよくないですね。60点くらいかなぁ」なんて話しますと、

「では60点の世界に行ってください」と言われます。

「え?何で私が?」と反論しますと、

「これはあなたの生まれてから死ぬまでの人生です。最近は自分の人生だと言ってから観せると、全部に言い訳して大変なんですよ。だから全く他人の目で観てもらって判断してもらうのです」

というわけで、行くところが決まります。たいてい死んでからしばらくは反省の日々なのだそうですよ。

生前から知っていて、わきまえて生きていれば、行き先も変わりますね。

ちなみに新興宗教の教祖レベルだと、スクリーンなんてすっ飛ばして、スト――――――――――――ンと最深部まで真っ逆さまでしょう。

まだ生きてることになってる、巨大新興宗教の教祖も最深部にめり込んでるでしょう。

大変です。

死んだ後の方がずっと長いし大変だから、日々精進して天国に帰りたいものです。

f:id:Citrin:20161203223040p:plain

素敵なお着物ですね。