Citrinのブログ

好きなこと書いてるブログ

愛子さま拒食症?

愛子さまの写真は驚きでしたね。

鼻が不自然に大きいと、他のブログの方も書いておられましたが、痩せて脂肪が取れてしまったので本来なら骨ばるはずの鼻が、整形でシリコンなど適当なもんが入ってるからそのままの形で不自然に浮き出てくるのでしょうね。

愛子さんのために整形したって、確信してしまいます。

お姿から拒食症だと思います。カレン・カーペンターや宮沢りえさんを思い出します。

宮沢りえさんは、でれでれ草さんやツイッターでも言われていて、この人は復活できましたが、カレン・カーペンターは亡くなりました。昔は今より医療が発達してなかったからかもしれません。

カレン・カーペンターは結婚してからおかしくなりました。玉の輿で、順風満帆に見えた結婚でしたが、離婚届を提出しようとした朝に亡くなったのですよね。

想像ですが、お兄さんはカレンと気が合ってお互いを認め合って上手くいっていたのに対し、結婚相手は気を遣い、分かり会えなかったり、認められなかったり、受け入れられなかったのかもしれません。冷たい関係だったんだろうなと想像します。

愛子さんの影武者は、本当の自分なんて周りにとってはどうでも良いレベルかもしれません。体がすでに拒否反応しだしてきて相当弱ってますね。

2歳ごろから影武者させられてたんですよね。多分最初は「愛子さんが多忙だから代わりになって仕事を手伝ってくれる人募集」レベルの話だったのかもしれません。

創価繋がりで極秘で進められたのかも。

ちなみに、創価学会の信者さんはたいてい普通に気の良い人が多いですね。騙されてるとは思いますが。

一時だけの代役だと思っていたのに、いつまでも続くようになってきて、はっと気づけば小学生の高学年。なぜだか自分だけしてることが違う。やけに「これは秘密よ」「黙ってるのよ」が多い。

自我がしっかりしてくれば、自分のしてることがどういうことなのか分かるようになり、事の重大さに気づいてくる。嫌がってももう、自分もまわりも秘密だらけ。

多分、頭がおかしくなりかけてる。自殺未遂もあるかもしれない。

子供の時の顔に出る邪悪さって、ほとんど、親の顔そのものではないかと思います。雅子や自分の親の顔なんでしょう。

この人の影武者業は、もうそんなに長くないかもしれない。

それと、肝心のご本人は一体どこへ行ってしまったのでしょう?

私は憎しみがあるとすれば、やはり雅子と皇后です。この二人はもうどうしようもない悪魔だと思います。周りを苦しめ、国民を騙し続け、なにより、神道の国日本国をキリスト教に塗り替えようとでもしているように見えます。雅子に関しては創価学会でしょうか。

今日は氏神様に新年のお札を頂きに神社にお参りに行きました。

(お札という表現で良いのかな?神棚に供える札のことです)

宮司さんと立ち話しました。何気なく世間話をして立ち去るはずが、しばらく話してくださるので、せっかくの機会ですから皇室についてお聞きしてみました。

「皇室心配ですね」

「ああ、色々ありますねぇ」

「東宮って、どうしようもないって話ですね」

「雅子さんはあんまりいい噂は聞きません。そもそも結婚自体間違いだったんでしょうね。」

「神主さんはネット見られるんですか?」

「いや、あまり見ません」

で、嬉しかったのは、ネット情報が無くても、普通に暮らして宮司されてる人でも、雅子さんがおかしいことが分かるということです。

愛子さんが実は知的障害を持たれている話もしました。

「そう思いますよ。目が笑って無いですから」と言われていました。

「最近きれいになられましたよね」

「そうそう、そうですね」

「あれ、影武者なんですよ」

「ああ、なるほど。」

「本物は出てこれないんじゃないでしょうか」

「そんな、可哀そうに・・・」

ほんとうに、愛子さんはどこ行かれたんでしょうね。

部屋に閉じこもっていたとしたら、ますます太ってしまって、影武者とは逆の体型になります。似てる人がいなくなります。そもそも生かされてるのかも気になります。

ヤフオク事件の話をしました。「信じられない」と言われていましたが、「ティアラはばらして売ったら価値が下がるからそのまま売ったんではないか」って話になりました。(まるで前から御存知だったかのように普通に話せるんです。笑)

ヤフオク事件をご存じ無い方のために、まとめてくださっている動画を貼っておきます。

youtu.be

宮内庁に言っても知らん顔なんですよ」

「そりゃそうでしょう。あそこは前から秘密主義です」

「そうなんですかー」

「そうです。」

という感じで話を続け、神主さんの知り合いの大きな神社の神主さんの所から、女官を皇居に送られた話になりました。

女官になる人と言うのは、優秀な人らしく、大学を卒業してすぐ行かれるらしい。

で、たいてい頭がおかしくなって帰って来るらしい。

「何で頭がおかしくなるんですか?」

「多分、相当厳しいからでしょうね」

でも、正しい厳しさなら頭がおかしくなるでしょうか?

その女官の人は天皇陛下に仕えていた人らしい。天皇陛下の横にいるのは皇后。

昔、皇后は皇太子妃時代、女官に虐められていると言ってたな―と、思い出しました。

23歳くらいの大学出たての女性ばかりではないとは思うけど、虐めるなんて、そんなことできるはず無いなあと思いました。

憧れ持って、尊敬持って、誇りに思って仕事してるはずですね。とても名誉なことだと思って。

その人達が頭おかしくなってしまう環境と言うことですから、やはり、そうとう地獄なんでしょうね。

新興宗教の巣窟の様になってるのかもしれない。

 

この前、橿原神宮天皇皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻が来られた時に、宮司さんは、近鉄電車に乗られる秋篠宮ご夫妻をお見送りされたらしい。

てっきり、特別車両か、一車両まるごと貸し切られるのかと思ったら、自分達の席以外は普通の人が座っていたらしい。

秋篠宮様紀子様も終始ニコニコされていて愛想よく、宮司さんも感じのよい方だと思われたそうです。

宮司さんとお話し出来て良かったです。雅子さんに対して気持ちが同じだったのも嬉しかったです。

私達民間人はどうすればいいんでしょうね。ヤフオク事件なんか大犯罪です。

ティアラ返せ。

愛子さまのことだって、国民を騙して成績優秀だなんて嘘をついて、その嘘がどんどん大きくなってもう収拾がつかなくなっています。

浩宮様も言いなりです。

余談ですが、

宮司さんが言われていましたが、浩宮様はお酒がメチャクチャお強いらしいです。

沢山のお酒を飲んでも、ちっとも変わらないそうです。ということは、一緒に飲まれたのでしょうか?多分そうなんでしょう。

いつの時代も、頂点の憧れは、美智子さんや雅子さんみたいな欲の塊が寄ってきやすいんでしょう。紀子様みたいなのがまれですね。

秋篠宮様の生まれたポジションは、そういう欲の塊の人達から身を守る手段だったのではと思えます。

日本の神様はやはり賢いと思いました。神にはどんな悪魔もかないません。

私としては、これからの日本の明るい未来をお祈りいたします。

 

話が全然変わって、

この二人は同一人物に見えますか?

どっちもスティーブ・ルカサーなんですけど。あまりに違い過ぎて影武者なんじゃないかと思うほどです。でも、影武者になる理由がないし・・。

ギターの能力が決め手となって本人と確認するレベル。

f:id:Citrin:20161202202547p:plain   f:id:Citrin:20161202202640p:plain

若い頃                ここ何年か前